ワールドーリー

英語で文章を書くことを目的に旅行やビジネスのことを中心としたブログです。

あなたの国は大丈夫…?

アジア経済は誰が引っ張ってる?

日本のGDPは世界で何位かご存じですか?

 

 

正解は3位!かつてはアメリカに次ぐ2位でしたが、今は中国2位につけてますね!

(日本と中国は圧倒的差がありますが、その中国とアメリカも圧倒的差があります。)

ちなみに日本GDPは円換算で約500兆円です!

 

これはいろんな番組で報道されているので、「おぉ!では日本はいまだ経済大国か」と安心してしまいそうになりますが、実は違うのです…

を指しますが、GDP成長率については圧倒的に下の方、かつ年々下がっています…

 

GDP=国内総生産

 

ですが、これの成長率も国の強さの指標になります。

これが鈍化するということは成長が止まっているということ。

さて、日本の成長率は…

全世界144位(191か国中)

アジア圏内ではなんと25か国中23番目。

成長率は実に0.8%/年

順当にいけばインドをはじめとしたその他諸外国に抜かれるのも時間の問題かも…?

 

f:id:drelucky:20191021155643j:plain

人口オーナス

今はまだ労働人口が大きく減っていない、かつ定年の引き上げにより、成長率の低下は改善されるかもしれませんが、総人口は確実に減っていく日本…

「人口オーナス」が今まさに起こってます。

※人口オーナス=人口に占める働く人の割合が低下する現象。

 

ところで、日本って平均寿命は世界一ともいわれてますが、つまりどういうことでしょうか…?

 

労働人口は減る

・総人口の減少は鈍化(年齢的に働く必要がない人が増える)

 

つまり、みなさまご存じの年金問題はもちろん、理論上の生産性は低下するはずだけど、求められる生産性は上がるというジレンマが起こると思われます…

f:id:drelucky:20191021155314j:plain



やっぱり英語

これの解決策の一つが移民受け入れやワーキングホリデーの制度拡充。

いろんな弊害はありますが、日本の成長のためにはともて大切な手段。

アメリカが経済大国であり続けられるのはこれもあるのでしょうね。

ところで、逆の立場で考えてみた時に何故日本に来ようと思うでしょか。

 

治安?、製造技術?、国の安定性?

 

1つ目はともかく、2つ目、3つ目は最近だいぶ疑わしくなってますね。

そして、これ以外にも言語が通じない国にはなかなかいきにくいですよね…

つまり英語がある程度できる人にとって、それが通じなさすぎる国を選択するのはちょっと難しい…?

 

そして、解決策のもう一つは人口がある国にサービスを展開していく海外展開。

これはもう疑う余地もなく、英語が必要ですよね。

どんなに良い製品でも言語が通じなければ宝の持ち腐れ。

(海外製品やサイトが全部英語の場合、質が落ちても言葉がわかる日本製を選ぶ人は多いと思います。)

 

完璧でないにしてもある程度英語ができないとこれからは本当に大変になっていくかも?

って言って20年以上たってる気がするので、本気で英語を勉強するかどうかは自分次第!(笑)

 

最後に、一つ所感を書かせていただくと、

世界的に見て製造業の成長率も下がりつつある日本。

昔ながらの日本企業でも、今後、外資系企業からの事業承継やM&Aが起こったり、さらには外資系企業が市場を狙って進出なんてことも。

 

新しい上司は~ なんて歌が昔ありましたが多くの企業でそういう状態が来るのもそう遠くはないのかなと思います。

 

書けばキリがないけど、リスクヘッジという意味でも英語は必要というのが個人的な見解です。

 

Let's study English!

f:id:drelucky:20191021160045j:plain