ワールドーリー

英語で文章を書くことを目的に旅行やビジネスのことを中心としたブログです。

Netherlandsに行ってみた!

"Netherlands"? Which country is it??

って思う人も多いのではないかと思いますが、オランダの英語名です。

(自分は行くまで知らなかったです…笑)

じゃーオランダって何語だ?

って思って調べてみらたら、旧ネーデルラント王国の州の1つで「Hollanda」という州が現在のオランダなのだそうですが、これがポルトガル読みで「オランダ」だから日本では現在も「オランダ」と呼ばれているそう!

 

めっちゃいい国!"Netherlands"

子育て

子育て環境が整っているようで、世界一子どもが幸せな国とされています。

それには必ず付きもとなる働き方も非常にフレキシブル。

いわゆる労働時間を超過しても働くという概念がないようで、この前残業たくさんしたからその分休みを取るというのが、会社や周りの人からも認められているくらい!

家族との時間や子どものための時間をつくることをとても大切にしている国のようです!

 

人柄

とても気さくな人が多いように感じました!

挨拶はもちろん、ぼくが選ぶのもめんどなくらいてきとーな(優柔不断な)人間だから(笑)、よく注文時に「おすすめは?」って聞くのだけど、快く教えてくれたり、食べ終わった後も「どうだった?」と聞いてくれたり!

ちなみに、へたくそな英語でよくわからないことを聞くと、めちゃドライな対応でした。(これは自分が反省…m(__)m)

 

土地

今回滞在したのは本当にわずか4日間だったけど、アムステルダムマーストリヒトに滞在。

アムステルダム

実はここでの第一印象はあまり良い印象はなく、ただの観光地かつそこまで取り立ててまた来たいと思う場所でもなかったです。

ドラッグや売春等日本では悪とされるものが合法だったりでそこまで治安もよくなさそう、自然は好きだけどどちらかというと美術館等の芸術の都市なイメージ、電車賃が高い(笑)等々、現地の雰囲気を知れればと一回来れたらいいやの感覚で来た国でした。

 

ただ、少し過ごした中で、人もいい人が多いし、自由で楽しい国だと感じました。

 

観光としてもハイネケンの博物館のような場所や、美術館+世界一美しいとされる図書館等見どころ多数!

f:id:drelucky:20191214223859j:plain

 

マーストリヒト

とても落ち着いた場所でした。

ただ、駅前や観光地は多くの人が。

少し先には近くに大学があったり川沿いをランニングしていたりで現地の人もたくさんいました!

 

テキトーさが手伝って事前ではなく滞在中にその国にについて調べることが多いのだけど、上記のことを知ったりお店の雰囲気だったりがとてもよかったので、再訪、というより住んでみたい街だと感じました!

f:id:drelucky:20191214223918j:plain

※オランダ事情

・面積:41,543㎢(九州:36,753 km²)

・人口:約1,718万人(九州:約1,445万人)

・有名:チューリップ、風車

・食べ物:「これ」というオランダ料理的なものはないよう。チーズが名産物。他にもアップルパイやワッフルが定番らしい

そしてハイネケン発祥の地!

・日本との関係:鎖国時代も交易をしていた国!(長崎の出島はこの貿易のためにできたそう!)

アムステルダムの美術館でも出島の模型展示があります。

 

是非、一度訪れてみてはいかがでしょうか。